今注目したい省エネで空調などの無駄を省くビジネスモデル

ピックアップ

清潔感のある会議室

社会的責任

大きな工場を有する企業には、社会的な責任が課される。このため、日本全体が省エネに努めている現在において、企業がエネルギーを節約することは当然の取り組みであるといえる。

» readmore

青空に手を上げるスーツ姿の男性

空調を管理する

工場のような大きな場所でどこを省エネするのかというと、最もエネルギーを使っているシステムをまず改善すべきである。広い場所では最も空調がお金とエネルギーをかけて調整する部分である。

» readmore


効率化で生産上昇

今は省エネの時代である。
家計における光熱費の割合を少なくすることで、貯金する余裕も生まれる。
一人一人の生活において、こうした光熱費を計算することはとても簡単に思える。
光熱費は月々や各月で請求され、電気代や水道代、ガス代にそれぞれ分かれ、使われている場所も把握しやすい。
このため、省エネをして家計を助けたい時には簡単にどこに比重がかかっており、何が無駄なのかを考えやすくなっているのである。
オール電化住宅では最新のシステムで、電力監視システムを設置することもできる。
太陽光発電を設けている住宅や工場では、太陽光発電で今生み出されている電力を簡単に把握できるシステムもある。
家庭であれば把握した後は少人数で使っているため、なるべく使わないようにするなどの対策も建てられる。

しかし、工場や大きな企業のビルともなると簡単に把握することが難しい。
すぐに削減するための行動をとることも難しく、企業ではどのように電力消費やエネルギー消費を減らしていくのか充分に検討しなければならない。
こうした検討が全国的に行われており、二酸化炭素排出量削減も国で設けられているため、ビジネスでも消費エネルギーを削減する方法を提供する企業が生まれてきている。
消費エネルギーを節約することは、何も生産性を落とすというわけではない。
無駄をなくすことであると捉えれば、消費エネルギーを削減しながら生産性を上げることは充分可能になるのである。


無駄をなくす

単にエネルギーを削減するだけでなく、できるだけ作業効率の無駄をなくしていくことも省エネの一つである。工場では頻繁に見まわりを強化したり、システムで監視したりすることで無駄を発見している。

» readmore



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013