今注目したい省エネで空調などの無駄を省くビジネスモデル

空調を管理する

工場において大幅に省エネをしようと思うのであれば、まず空調を考えることが大切である。
住宅における省エネでも、空調管理は大切になってくる。
住宅では温度管理がしやすいように、窓から空気が冷える、または暖められることを避けるために、二重窓などを設置することがある。
工場ではこうした窓が少なく、広く空間が設けられているため、なかなか空調を一定にすることができない。
広い空間の空調を一定にするには、それだけの電力が発生してしまう。
しかし、省エネ対策で空調にかかる電力が削減できるのだとすれば、すぐに工場での省エネが実現できる。
電力に占める各機器の電力量を調べると、実に15%もの割合で空調において電力が消費されてしまっている。

工場で空調を管理するためには、空調設備を定期的にメンテナンスすることが大切である。
空気口がホコリによって詰まってしまっては、一度に吸い込める空気の量が少なくなる。
それでも同じ量を吸い込もうとするので、換気のためのファンが多く回らなければならない。
そうなるとファンを回すための電力が余計にかかっているということになる。
まずは掃除を定期的に行い、デマンドコントローラやスーパーコンデンサなどの電気監視システムを導入するとより効率よく空調の省エネができる。
機械が常に動いているところでは、熱が蓄積していってしまう。
OA機器も意外と熱を発するので、部屋全体を冷やすためには相当な電力が必要とされる。
いまある機器を充分に利用するためには、点検が重要なのである。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013