今注目したい省エネで空調などの無駄を省くビジネスモデル

無駄をなくす

省エネ法という法律があり、これは1970年代のまさに公害対策や企業のメセナ活動が叫ばれてきた時期に施行された。
時代が変わるごとに、現在のような電力供給の状況などは変化してくる。
このため、省エネ法も幾度も改正を重ねて時代にそった法律になっている。
そこでは空調設備に関する基準や、湿度や温度を計測し省エネに役立てるための基準が設けられている。
工場を設置する時や企業がオフィスを作る時に、こうした基準をクリアしていなければ、工場やオフィスの設置を認めない、または罰則が言い渡されることになっている。
法律を順守することは工場の社会的責任でもあり、また最初から設置する時にこうした規則を知っておくことは、無駄を省くという点で良いことである。

また、継続的に省エネを行うことを条件に、補助金が出されることもある。
工場を運営する上では、いろんな機械が必要になってくるが、使っていないときはなるべくこのような使用していない電源は切ることが継続的な省エネ対策である。
しかし、広い工場では逐一全ての機器を監視するわけにはいかない。
このため、デマンドコントローラなどの監視システムがある。
デマンドコントローラとは、最大電力使用量を電源に設置しておき、その電力を超えると自動的にストップするという仕組がある。
空調にそういった仕組を設けることで、知らず知らずのうちに使ってしまっていた空調の電源を切り、無駄をなくすことができる。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013